2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

ヘンな夢

先日、ヘンな夢を見ました。

家(今の家とは風景が少し違う)に帰ると、

あちこちに毛布や紙などめちゃめちゃに散らかっていて、

家中に子猫がいっぱい!

多分、30匹以上はいたような・・・(*_*)


そんな中、ソファーにダンちゃんがのんびり座っている。

私:これ、いったい何?

ダ:猫ちゃん、もらってきた。

おどろいて目を丸くしている私を尻目に、

「この中から、好きなん選ぶねん」と、笑っているダンちゃん。

こんなたくさんどうするの?、誰が世話をするの?・・云々

キレまくって文句を言っている私。


ふと、子猫をよく見てみると、

中に、5センチくらいの大きさしかない子や、

黒くてやたらと細長い子など、へんなのがいっぱいなんです。(^_^;)

なかでも、一番びっくりしたのは顔がウナギで、

たてがみが生えている子。(笑)


こんな変な猫、いらないっ!と大声を上げているところに、

なぜか息子が赤いTシャツに金髪のおかっぱ頭で登場。(*_*)

もうめちゃくちゃでわけがわからない!

何、その格好~っ!!!

っと思ったところで、目が覚めました。

ほんとに、めちゃくちゃな夢でしょう~。(笑)


ダンちゃんに話をしたら、

「夫と息子に対して相当ストレスが溜まってるね~。」

ですって!

「ほんとにそうかもヨ!」と答えておきました。(*^_^*)


あれから・・・

ダンちゃんは「ウナギ猫」がかなり気に入ったようで、

この話をやたら聞きたがります。

「ほんとにそうかも・・・」しれないのに、

全然こたえてないようです・・・(^_^;)

父親たちの星条旗

クリント・イーストウッド監督の最新作「父親達の星条旗」を

見てきました。

この映画は第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる

“硫黄島の戦い”を、日本とアメリカ双方の視点から描いた作品で、

こちらはアメリカ側から見た戦争を描いています。


激しく生々しい戦闘シーン、兵士達の苦痛、苦悩・・・

見ている間じゅう、ず~っと胸が痛い映画でした。

映画が終わって外に出てきてからも、

色々な思いが頭をめぐって、涙が出て止まりませんでした。


この映画は、敵とか味方とか関係なく、戦争とは

とても悲しく醜いものだと、リアルに語っています。

人と人が殺しあうなんて、どんな大義名分があったとしても

絶対あってはならないことです。


今この時にも、世界のどこかで、武器を持って戦っている国や

地域があります。

ほんとに悲しいことです。

武器を持ち戦うことからは憎しみしか生まれません。

そしてそれは新たな憎しみを呼び、人をますます不幸にします。

この連鎖をどこかで断ち切らなければ、永遠に前には

進まないのです。


愚かな戦争は絶対にしない・・・

過去に学び、強く心に刻まなくてはいけません。

今日の一日

昨日よりは随分ましになりましたが、まだ腫れが引きません。

もうしばらく続きそうな気配です・・・(^_^;)


家にどっぷりいるのは久しぶりです。

こういうのって、たまにあると楽しいんですよね。(*^_^*)

時間があるのを幸いに、携帯の登録のやり直しをしました。

携帯を変えた時に、データを移してもらったのですが、

なんか微妙にずれてて、前から気になっていたんですよね。


今日こそきちんと整理しようと、一から変更し始めたのですが、

一件ずつデータを変更するのは予想外に大変でした。(-_-;)

ひょっとして一挙に変える方法があるのかも・・

なんて思いながらも、データを消しては困るので

じっくりゆっくり・・・。


途中で何度もやり直しや休憩をしながら、

丸一日かかってようやく出来上がりました。

これで、すっきり~!

しかし、よく考えてみると、

ものすごくつまらない事に一日を費やしてしまいました・・。(^_^;)

親知らず

実は昨日、左下の親知らずを抜きました。

表面では見えないけれどレントゲンには写っていて、

歯医者さんに、奥歯を押してきてる・・なんて言われて、

いやいやながら抜くことに・・・(^_^;)


普通の親知らずは上を向いているのだそうですが、

私の場合は、奥歯の方を向いて寝た状態。

おまけに骨にくっついてるとか・・・

これを聞いて、ぞぞ~っ(>_<)


で、決心したわけですが、昨日は大変でした。

骨にしっかりくっついてたらしく、途中で先生が交代。

休憩したり、麻酔を追加したりしながら約二時間。

疲れました~。(-_-;)

きっと力を入れてたんでしょうね。

家に戻ったら、身体のあちこちが痛かったです。

でも、夜は薬のおかげか、しっかり眠れました。


そして、今朝。

ほっぺたがわたを含んだようにぷっくり腫れてます。(笑)

自分で鏡を見て、めっちゃ笑えました。

先生いわく、2~3日はこのままのようです。(^_^;)


最後に、皆さん、どうぞご心配なく!

ほっぺのふくらみ以外はとっても元気です!

では、今からまた病院に行ってきま~す。(^^)/~~~

栗の渋皮煮

Dvc00002  栗の渋皮煮、

ちょっとその気になって、

初挑戦してみました。


手探り状態ながらも、結構良い感じ!

作業も、鬼皮をむくのは大変だったけど、

そんなに難しくありませんでした。

一生懸命頑張った分、おいしさは格別。(*^_^*)

ただ、試しに・・と思って始めたので栗が少なめ。

あっと言う間になくなりそうです・・・。(^_^;)


【栗の渋皮煮】

(材料)

栗:500g(2Lサイズ)

砂糖:250g

ブランデー:25cc

重曹:小さじ2


①栗の鬼皮が柔らかくなるまで水につけておく。

  ★時間がなければ、お湯でもかまいません。

②渋皮を傷つけないように鬼皮のみをむく。

  ★軽くキズをつける程度に包丁を入れてから

    手でむくと実を削がずにうまくいくようです。

  ★筋やケバケバは後できれいにします。


③ひたひたの水に重曹小さじ1混ぜて、栗を火にかける。

④煮立ったら弱火にして、アクを取りながらコトコトと10分程度煮る。

⑤すぐ鍋に水を流し入れ、アクをあふれさせる。

⑥栗は別の容器につけておき、鍋をきれいに洗います。

⑦栗の渋皮を傷つけないように、筋やケバを取ります。

  ★細かい部分は、歯ブラシや爪楊枝を使います。


⑧(③~⑦)と同じ作業を再度繰り返します。

⑨(③~⑦)の作業を重曹を入れずに繰り返します。

  ★三回やると、栗もきれいになり、アクも取れます。


⑩ひたひたの水に砂糖の半量を加え、キッチンペーパーで

 落とし蓋をして、火にかける。

⑪沸騰したら弱火で5分程度煮て火を止め、冷めるまで置いておく。

⑫残りの砂糖を加えて火にかけ、沸騰後弱火で5分程度煮て

 火を止めブランデーを加えて、そのまま冷ます。

⑬乾いた容器に移して、2~3日置き味をしみこませる。


甘み控えめのおいしい栗ができあがり!(*^_^*)

★甘いのが好きな方は砂糖の量を増やして下さい。

長寿の秘訣

先週の「世界一受けたい授業」の中で、

「長生きの秘訣」についてやっていました。

人間誰も、長生きしたいと思っていますよね。


最近の研究で、人は皆、長寿遺伝子と言うものを持っていて、

そのスイッチがONになっていると長生きができるとか・・・。

でも、OFFになっている人も多いそうです。

こんなことがわかるなんて、科学の力って、ほんとにすごいですね。


ONにする方法は、昔から言われている「腹八分目」以上の

「腹6~7分目」

そして、定期的な運動をすること。

ごくごく当たり前の事がとても大切なんですね!


番組の中で寿命チェックがありました。

私はなんと、「95歳!」

ちょっと嬉しかったです。(*^_^*)

興味のある方、どうぞ!


世界一受けたい授業

★HP内に寿命チェックコーナーがあります!

Google Earth日本語版

以前紹介したグーグルアース、

生徒さんのパソコンにインストールしている途中、

面白いんだけど、全部英語なんです・・な~んて

話していたのですが、ふと気づいたら、なんと、

いつのまにか日本語を選べるようになってる!(*_*)

私が以前DLした後に、日本語対応になったんですね。


早速アップしてみました。

やっぱり、日本語だとありがたいですね。

おまけに、前よりも進化したように思います。

住所を日本語で入力したら、全国どこでも一足飛び。

またしばらく遊べます。(*^_^*)

Google Earth

★インストール途中の言語設定のところで「日本語」を選んでくださいね!

本日のメニュー

久しぶりに娘も揃っての夕食。

一人増えると、食卓がとてもにぎやかになります。(*^_^*)


(本日のメニュー)

★海老・さつまいも・レンコンの天ぷら+抹茶塩

★しし唐の焼き物

★とろろ汁

★柿なますのゆず風味

★芋づるの佃煮


とろろ汁は例のフード・チョッパーを使って、

とっても簡単に出来ました。


Dvc00001_3 少し固めの柿をいただいたので、

柿なますを作ってみました。

秋の味です。(*^_^*)

ベランダにて

F1000019 う~ん、ゴロゴロ・・・

気持ち良い・・・

毎朝、ベランダでひなたぼっこ

ちぇりんちゃんのお気に入りです。


Dvc00001_2 あれ~?

なんか、ながめてます。(*^_^*)

チケット争奪

先日、IL DIVOの日本公演チケットのネット予約をしようと、

少し前からパソコンの前に座り込んで、待ち構えていたのですが、

開始したとたん、ビジーになり、再度アクセスしようとしたら、

もう、完売!ハァ~?


その間、ほんの一分程度。

いったい何枚チケットがあったのか定かではありませんが、

あまりの速さに目がテン!(*_*)


チケット争奪ってこんなものなんでしょうか?

う~ん・・・(-_-;)

ラッキー!

今日、妹に栗の渋皮煮をもらいました。

毎年作ってくれるので、いつも楽しみにしてるのですが、

実は昨日も、別の方からいただいたのです。

なんてラッキー!

今年はとってもツイてます!(*^_^*)


どちらもおいしくいただいて、ふと思ったのですが、

同じ渋皮煮でも、作る人によって味が全然違うんですよね。

その人らしい味っていうのかな・・・。

それぞれの個性が、しっかり出ている気がします。

もちろんどちらも絶品であることは言うまでもありません。


作った人の顔を思い浮かべながらいただくと

本当にありがたく、余計おいしく感じます。

あぁ、し・あ・わ・せ!(*^_^*)

便利グッズ

Dvc00001_1

最近、我が家で活躍しているのが、

ミニ・フードプロセッサー。

いただきものなのですが、

これがなかなかすぐれもの。


昔使っていたものに比べて、かなり小ぶりながら、

ハーブや野菜等のみじん切りにするのにとっても便利です。

おまけにデザインがなかなか可愛いんです。(*^_^*)


今、特に気に入っているのは、いりこの粉砕。

この粉末、とっても便利なんですよ。

ダシを取る代わりにこの粉末を入れるだけで、

簡単においしい味噌汁が出来上がります。

おまけに、骨まで全部食べられて、栄養的にも言うことなし。


キッチングッズも、しっかり進化してますね。(*^_^*)

自然食のお店

先日行った神戸の元町商店街に、

ナチュラル・ハウス」という自然食のお店があります。

小さなスーパー形式のお店ですが、その片隅に

お惣菜やお弁当などを置いています。


その一部がカフェのようになっていて、

そこで買ったお弁当やパン等を食べる事ができます。

また、日替わりでランチもあります。


私が以前食べたランチメニューは

☆いわしの煮物

☆大豆とひじきの煮物

☆きゅうりとわかめの酢の物

☆千切り大根

☆野菜たっぷりのお味噌汁

☆玄米ご飯

☆豆乳寒天のきなこがけ


特に目を惹くようなものはありませんが、

どれも自然のままで、身体にやさしいものばかり。

昔ながらの日本の食事、

私にはこれが一番のごちそうに思えます。

それにしても、うちの近くにないのが残念!(-_-;)

お勧めページ

ここしばらく教室では、インターネットを勉強しています。

今回はいつもと少し違って、生徒さんに先生役をやってもらい、

各自が普段利用するホームページを紹介してもらっています。


こんな風にすると、いつもの授業風景と違うので、

生徒さんにとっては新鮮だし、

お互いに情報交換も出来るし、

先生はその間、楽が出来るし(^_^;)、一石三鳥です!


中には色々楽しいページもいっぱい。

その中でちょっとお勧めのものを紹介します。


しんぶん屋堂

ネット上でカラオケを楽しむことが出来ます。

色々あって、楽しそうです。(*^_^*)

(最初にソフトをDLする必要があります)

主婦100万人「暮らしの裏技」

様々な裏技が載ってます。

初心者のためのOffice講座

パソコンについて、知りたいことがすぐにわかります。

あやしい(?)カステラ屋さん

久々に神戸に遊びに行ってきました。

仲町通りを、のんびりお散歩。

ここはおしゃれなお店がたくさんあるんですよね。

ただ、おしゃれすぎて、入るにはどうも・・・なので、

とにかく、見てるだけ~。(^_^;)

それでも、とっても満足。


昼は中華街でおきまりの食べ歩きです。

鳥の唐揚が¥200、ラーメン¥300、胡麻団子¥100etc...

どれもおいしい!


ぐるっと回って、元町商店街へ・・・。

私がかばん屋さんを覗いている間に、姿の見えなくなったダンちゃん。

どこに行ったかと探してみたら、お隣の店に入っているのを発見。


このお店、長崎カステラって書いてるんですけど、

お店の雰囲気がかなりあやしい・・。(^_^;)

入り口はとっても狭く、古ぼけたのれんが掛かっていて、

すすけた小さなショーケースがあって、

入るにはちょっと勇気がいる店構え。

看板には「長崎カステラ総本舗」と書かれていました。


細長い店の一番奥に、小さなショーケースが置かれていて、

そこに置かれているのはカステラだけ。

左右の壁には古ぼけた新聞や雑誌の切抜きがいっぱい。

そしてなぜか、ケネディ大統領の写真。

狭い店の壁に沿って、超年代モノの長いすが置かれてて、

とにかく、レトロ感いっぱい。(*^_^*)


そこでダンちゃんはカステラを買っていたのでした!

売っているのはかなり高齢のご婦人。

一本¥1050のカステラにおまけのラスクをたくさんいただいて、

店を出てきました。


私:「なんで、カステラ屋なん?」

ダンちゃん:「なんか面白そうやと思って入ってみた。」

私:「めっちゃレトロやね。大丈夫なんかな・・。」

ダンちゃん:「入るのにちょっと勇気がいったけど、

ヘタな字で、世界一うまいって書いてあるねん。

日本一やったら買えへんかったけど、世界一やで~。

これは買わなあかんやろ!」(ノリノリ!)

私:「・・・。」(^_^;)


で、気になるお味ですが、以外や以外、

甘みがひかえめで、とってもおいしいんです。

カステラと言うより、ふわふわのスフレのような感じ。

とってもユニークであやしい(?)カステラ屋さん。


神戸に行ったらまた、入ってしまいそうなお店です。(*^_^*)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »