2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

びっくり!

先日「ボジョレーヌーボー」をいただきました。
ワイン通にとっては、超人気の品らしいのですが、
まったく飲まない私にとっては、猫に小判、豚に真珠。(^_^;)

でも、我が家には飲み助が二人。
普段、ワインは全然飲まない癖に、
「ボジョレーって、結構イケるやん!」とか何とか言って
すっかり空けてしまいました。

次の日、
「うちにも確かワインあったよな?」と調子に乗って
食品庫の奥で、長らく眠っていたワインを引っ張りだした主人。
何本かあるうちの一本を開け、早速味見。

「これ、めっちゃおいしいで~、なんぼくらいするねんやろ?」
と言うので、早速調べてみたら、な、なんと・・・
一本、1万円くらいするイタリア産のビンテージ物

あわてて他のものも調べたのですが、
みんな、1000円するかしないか・・(*_*)

主人:「やってしもた~!」
    「そやけど、開けたら飲まんとな♪」(飲む気マンマン)
私 :「なんでよりによって一番高いものを開けるんよ、もったいない!」
主人:「料理酒に使われるよりましやろ」
私 :「それもそうやね・・」
やりかねない私なのでした。

チャンチャン♪

This is it!

マイケルジャクソンの映画「This is it!」を見てきました。

音楽に対するプロフェッショナルな姿勢。
年齢をまったく感じさせないダンスパフォーマンス。
スタッフに優しい口調で語りかける真摯で穏やかな人間性。

どれをとっても「キング」の名にふさわしいものでした。
またまたしばらく、MJ漬けになりそうです。(笑)

彼の数多くの作品の中の大好きな曲をご紹介します。

「Heal the world」(世界を癒す)

【日本語訳】

君の心の中にあるよ
僕は知っているよ それが愛なんだ
そしてそれこそが 明日よりももっと素晴らしい

実際に試してみれば 泣く必要なんてないって わかるはずだよ
君の愛がある その場所でね
傷つくことも 悲しむこともない

そこにたどり着く道があるんだよ
君がもし生きて行こうとするならば
ほんの小さな場所を もっと素晴らしいものにするために

世界を癒そう 素晴らしい場所にしよう
君にとって 僕にとって そして 人類全てにとって
死んでいく人たちもいるんだ もし君が生きていこうとするのなら
もっと素晴らしいものにするんだ 君と僕のために

もし君が理由を知りたかったら 嘘をつかない愛がそこにあるじゃないか
愛は強く 喜びを与えようとしているだけなんだ
もし僕らがわかろうとするならば この喜びの中に
恐怖や脅えなんか ないままに生きてゆけるよ

いつも思うんだよ
愛は僕らを成長させてくれるんだ
世界を素晴らしいものにしよう 素敵な世界を作るんだ

世界を癒そう 素晴らしい場所にしよう
君にとって 僕にとって そして 人類全てにとって
死んでゆく人もいる
もっと素晴らしいものにするんだ 君と僕のために

心に抱いている夢は 僕らを笑顔にさせてくれるよ
かつては信じていた世界が また優しく輝き出すよ
つらい思いをして 生きていくなんてさ
地球を傷つけて 魂を苦しめて
そんなのすぐわかることなのに
この世界はすばらしい

神の光に満ちあふれ
どこまでだって飛んで行ける
魂は決してなくなりはしない
僕は感じているんだ 君は僕の兄弟だ
恐れないで 世界を創り上げるんだ
いっしょに幸せの涙を流そうよ
武器なんか捨てて、鍬を持って

僕らはたどり着くことができる
もし生きていることに満ち足りているのなら
たとえほんの小さなものでも 素晴らしいものにするために

世界を癒そう 素晴らしい場所にしよう
君にとって 僕にとって そして 人類全てにとって
死んでいく人たちもいるんだ もし君が生きていこうとするのなら
もっと素晴らしいものにするんだ 君と僕のために

死んでいく人たちもいるんだ もし君が生きていこうとするのなら
もっと素晴らしいものにするんだ 君と僕のために
君と僕のために

Michael Jackson

やられた!

今日は娘が大好きなチーズフォンデュをしようということになりました。
とはいっても、本格的なフォンデュ鍋などはないので、
いつも電気鍋を使います。

娘と二人、材料を用意し、ウキウキ気分で準備をしていたところ、
ちょうど主人が帰ってきたので、鍋の準備とチーズを混ぜる仕事を頼みました。
娘が「牛乳は140cc!」と主人に告げ、台所に戻ってきてから数分。

さぁ、開始~とばかりに鍋を見ると・・・
何だかいつもより量が多いような・・・

やられた~(*_*)

牛乳140ccどころか、200ccをはるかに超える量。
とろ~りとするはずのソースがしゃぼしゃぼ。

娘「適当に入れたでしょ!」
主人「ちゃんと140cc入れたで~。」
娘と私「(--〆)」

あわてて牛乳をスプーンですくって取り、
新たにチーズを足して、なんとかそれらしくなり、
一応、おいしくいただきました。

フォンデュはおいしかったけど、
ほんとにロクなことしない。(*_*; 

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »