2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

マンマ・ミーア

ブログの誕生日と私の誕生日は同じ・・・

てことで、昨日めでたく○○歳を迎えました~。

実はあまりめでたくはないのですが・・・(^_^;)


珍しくダンちゃんが、どこかでお誕生日パーティーをしよう

と言い出し、劇団四季がやっている「マンマ・ミーア」を

見に行くことになりました。


この演目は「ABBA」のヒット曲ばかり22曲を使っています。

懐かしいですよね~。

お話はホテルを1人で切り盛りするシングルマザーのドナと

結婚式を明日に控えた20歳の娘ソフィを中心に、

ソフィの"父親探し"を軸に展開します。


母と娘の人生観の違い、別れた男性とドナの再会と葛藤、

女友達との友情、本当の父親との再会への願いなど、

色々な想いがミュージカルの中に織り込まれていて、

「ベリーグッド!」


歌も踊りも素敵だし、笑い所泣き所もいっぱい。

最後のミニ・コンサートでは観客も立って踊ってノリノリ!

アバのステージがよみがえった感じ!(^^♪

これは英語版も見てみたいですね~。


そんな中、ひときわ目立つ長身とスタイル抜群の女性を発見。

よ~く見ると、前田美波里さんでした。

四季にいらしたんですね。

しかし、超ながいオミアシとあのスタイルの良さ!

とても同じ人間とは思えません。。。(*_*)


夜はおいしい和食をいただいて、

楽しいハッピーバースデーは終了しました。

ええかんじ

昨日のニュースで、英語と漢字を融合させた芸術、

「ええかんじ(英漢字)」というものが紹介されていました。

筆で描かれた漢字に目を凝らすと、アルファベットが

浮かび上がり、そのアルファベットを組み合わせた英単語は

漢字と同じ意味になるという、不思議なもの。(*_*)


記事を読んだ時は「?」だったのですが、写真を見て納得。

例えば、漢字で「風」と書かれた文字をよく見てみると、

「wind」のスペルが・・、「花」と書かれた文字には、

「flower」のスペルが浮かび上がる・・。

ちゃんと英文字のスペルで漢字が構成されているんです。

おもしろ~い!

日本文化を世界に広めたいと考えている若い女性アーチストが

考え出したものですが、とってもユニークで斬新なアイディアですよね。

書道としての完成度も高く、注目を浴びているそうです。

個展をひらいたりもしているようなので、

一度のぞいてみたいですね。(*^_^*)

プーシキン展

めちゃめちゃ久しぶりに1人でおでかけしました。

行き先は「プーシキン展」

印象派を中心とする名画の数々を見てきました。

絵に関してはそんなに詳しいわけではありませんが、

見るのは好きなんですね。

どれも見ごたえのある作品ばかりでしたよ。


Photo有名なマティスの「金魚」

色使いがとってもきれいなんですよね。

背景はけっこう雑なんですけど、

その中心で泳ぐ真っ赤な金魚がすごい!

ほんとに「金魚!!」って感じでした。(*^_^*)


Photo_2 もうひとつ、ゴッホの「刑務所の中庭」

題材は暗いのですが、光の表現が美しくて、

力強くて、とても存在感のある作品でした。

全体的にやさしい感じの作品が多かったので、

けっこう印象に残りました。


最後にショップで作品の写真を見たのですが、

全く違いました。

写真では表せないんですよね。

やっぱり本物はすごい・・・。(*^_^*)

菊人形

2005_036秋の風物詩だった「ひらかた大菊人形」が

96年の歴史に幕を閉じます。

職人さん達の高齢化と後継者不足、

また菊人形をとりまく状況の変化などにより、


2005_009

これまでの規模と質を維持していくことが

困難になったのだそうです。

子供の頃、何度か行った覚えがあり、

今年が最後だと聞いて、行ってきました。


2005_023今年のテーマは、「義経」

昔と変わらず、いえそれ以上に素晴らしい

菊の芸術を 見る事が出来ました。

←(タッキーに似てる!)



2005_005この菊人形は、菊師・人形師を始め、

その他専門的な職人さんの技術が総動員された

「総合芸術」。

人形たちが着ている「菊の衣装」は、菊の色が

微妙なグラデーションになっていたりして

まさに職人技です!


2005_025一体の人形を仕上げるのに丸1日かかり、また、

  花の寿命が1週間~10日間と短いために、

期間中何度も着せ替えも行うそうです。

見ていても、とっても地道な作業。


気の遠くなるような手間がかかっていたんですね。

伝統の技が見られなくなるのは、本当に残念!

 

フラダンス

友達の友達がハワイの人で、現在日本に遊びに来ています。
彼女が、フラダンスのダンサーをしていると聞いて、
早速ダンスを見せてもらいました。
目の前でフラダンスを見たのは初めてだったのですが、
想像していたものとは全然違っていました。

表情ももちろんですが、手の動きが色々なことを表現していて、
言葉はわからなくても、気持ちが伝わってきて、
とても素晴らしかったです。
私のイメージですが、少し手話に似ている気がしました。

15歳の息子さんも、踊ってくれました。
島のチャンピオンだとか・・。
彼の踊りも、とっても良かったです。

生で本場のフラ・ダンスを見られたことは、ほんとに、ラッキーでした。
日本の盆踊りに近いので、日本人は踊り易いそうです。
何だか、フラダンスを習いたくなりました。