2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ホリディ

昨日見たDVD「ホリディ」

休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」を題材にしたおしゃれでロマンティックなコメディです。

主演はキャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、
タイタニックのケイト・ウィンスレットとジャック・ブラック。

女性陣がとにかくキュートで、楽しいのです。
そして、ジュード・ロウがホントに素敵で・・・\(~o~)/

ちょっと落ち込んだ時に見たら、元気になれる映画。
おススメです!(*^_^*)

51ay7genzxl__ss500_

無料鑑賞

映画の無料ポイントがたまっていたので、

珍しくおひとり様で映画を見てきました。

どれにしようかと色々迷って、

「ハゲタカ」に決定。


以前、テレビで放送され人気があったとか・・

企業買収の話なので、

よくわからない部分もあったのですが、

ストーリーも俳優陣も良かったので、

しっかり見ることができました。


最近、邦画が頑張っていますよね。

来週は何を見ようかな・・happy01

映画のお話

先日「陰日向に咲く」という映画を観てきました。

原作はお笑い芸人の「劇団ひとり」さん。

これは彼の処女作だそうです。


昔は、漫才などのネタは作家さんが書くことが多かったそうですが、

最近のお笑いさんは皆、自分たちでネタを書くそうです。

その文章力が小説という世界につながってきているんですね。


けっこう面白い作品だったので、

こんなお話が書けるなんてすごいなぁと感心したのですが、

後から原作を読んで、映画と原作の違い・・というか、

脚本のすごさをあらためて感じました。


映画を見て原作を読めば、なるほど・・とわかっていただけると思います。

興味のある方はどうぞ!


「陰日向に咲く」公式ページ

大河ドラマ

ふだん見ることのないテレビドラマの中で、
唯一見ているのがNHK大河。

昔から結構見ていましたが、
ここ数年、アイドルが主役で少々うんざりしていました。
でも、今年は少々地味ながら、昔の大河に戻ったような気がして、
ちょっと期待できそうです。

主人公の内野さん、
片目で、おまけに片足を引きずっての演技は大変だと思うのですが、
勘助を魅力的に演じられていますよね。
ただ、姿が醜い役の割にはやたらカッコいいのが玉にキズかも・・(*^_^*)

日曜の夜はテレビにくぎづけです!(*^_^*)

ブラッド・ダイヤモンド

しばらくぶりに映画を見ました。

「ブラッド・ダイヤモンド」

紛争ダイヤモンドにまつわるストーリーです。


美しいダイヤモンドの影には、

同じ民族同士の凄惨な争い、

少年兵として洗脳されてゆく子供たち等々

さまざまな問題が潜んでいたんですね。


これらが作り事でなく、現実の出来事であることの恐ろしさ。

今までただ美しさに見とれていましたが、

色々考えさせられました。

皆さんにも是非見てほしい映画です。

アカデミー賞

久々に日本人のノミネートが話題になり、

盛り上がっているアカデミー賞。

見たくてウズウズしていたのですが、

WOWOWの独占放映のため、我が家では見られません。

あぁ、残念。

映画ファンの私としては、やっぱり見たかったです~。(ToT)

ドリームガールズ

映画「ドリームガールズ」を見てきました。

その昔ダイアナ・ロスを中心に一世を風靡した女性グループ

「シュープリームス」をモデルに作られたミュージカルです。

主演は超人気の歌手ビヨンセ。

彼女を始め、出演者の歌がとにかくすばらしいんです。

まるでコンサートを聴きにいったような気分です。


ビヨンセが無名の時代と光り輝くスターになった後とを

とてもうまく演じ分けていました。

彼女ってほんとにきれいなんですよね。

そして新人のジェニファー・ハドソンのド迫力の歌に、

心と体がど~んと揺すぶられました。


これぞエンターテインメントという感じで大満足。

音楽好きの方には特におすすめです。

帰りにショップでサントラを買っている人の多いこと。

もちろん私も買いました!(^^♪

李香蘭

テレビで「李香蘭」のドラマを見ました。

日本人でありながら中国人歌手として大活躍し、

日本と中国、二つの国のはざまで、時代に翻弄されながらも

懸命に生きた彼女の数奇な人生。

私は山口淑子さんの時代しか知りませんが、

今、同じ時代を生きている方であるということで、

とても興味深かったです。


今回の主演は上戸彩ちゃん。

劇中での歌は全部葺き替えなしで歌ったとのこと。

かなり練習したようで、なかなか良かったですよ。

残念ながら本物の李香蘭の歌は聞いたことがありません。(^_^;)


そして、中国語のセリフ。

発音が難しいのでとても苦労したと思います。

以前、「大地の子」で主演の上川隆也さんが中国人と見紛うほど

素晴らしい中国語を話していましたが、

彩ちゃんも、よく頑張っていましたね。

俳優さんは大変です。


李香蘭」についての本もたくさん出ているようなので、

読んでみようと思っています。

テレビ東京「李香蘭」

食わず嫌い?

山崎豊子さんの傑作「華麗なる一族」がテレビで始まりました。

出演者もセットもとても豪華で、視聴率も良いようです。

前宣伝もかなりやっていましたね。

しかしながら・・・見ていないんです。(^_^;)


原作が良いので、きっと面白いと思うのですが、

私はどうも主演のキムタクがダメなんです。

(キムタクファンの方、ごめんなさい!)

なんか重厚なドラマに合わない気がして・・。


掲示板等を見ると、キムタクだからこそ良いと言う人もたくさん。

ほんとに様々ですよね。

食わず嫌いなのかも・・・(^_^;)

見てらっしゃる方、ご意見お聞かせ下さい。

硫黄島からの手紙

「父親達の星条旗」に続き、「硫黄島からの手紙」を見てきました。

最初から最後まで、大げさなドラマや誇張したところがなく、

淡々とありのまま見せるスタイル。

これが見ている人により実感をあたえた気がします。

ほんの数十年前に、実際にこういうことがあったのだ、

ということを、リアルに感じます。


アメリカ人である監督が日米、どちらにも媚びず、

公平な立場でこの作品を作ったことには驚きました。

イーストウッド監督に感謝です。


悲惨な状況で命をかけて戦い、死んでいった人たち。

そのおかげで今の平和があるのだと、つくづく感じました。

若い方々には特に見て欲しい映画です。

より以前の記事一覧